野球の試合中に悔しくて涙が出ることは小学生にとって日常茶飯事です。 (「泣くな!」と言って怒られている場面に遭遇することが多々ありますよね…) 先日、チームは試合に勝利したけれども自分が打てなくて悔しくて試合中に泣いてしまったという話を聞きました。 私個人的な見解としては、泣くこと自体は悪いことではないと考えます。...
少年野球の大事な試合・大会前にやるべきでない3つのこと
少年野球では各地で熱戦が繰り広げられている今日この頃。 前回は大事な試合・大会前に必ずやるべきことを3つお伝えしました。 今日は「やるべきではないこと」を3つお伝えしたいと思います。 野球道具を新しくすること ピッチング・フォーム、バッティング・フォームを変えること 対戦相手チームを意識し過ぎること それでは1つずつ見ていきましょう。...

少年野球の大事な試合・大会前に必ずやるべき3つのこと
今日は少年野球の大事な試合・大会前に必ずやるべき3つのことについてお伝えしたいと思います。 普段通りの練習 サインの確認 野球道具の確認 それでは1つずつ見ていきましょう。 1.普段通りの練習 大事な試合・大会を前にして、落ち着かない気持ちが高まり、前日・前々日から緊張することが多々あります。...
野球塾B.A.Gでは3カ月に一度、スイング速度と投球速度を測定しています。 今回、昨年の9月と12月と今月の3回の測定結果をもとに、選手の成長の度合いを見てみたいと思います。

ある選手が「全然上手くいかない」と言ってレッスン中に涙を流しました。 一生懸命やっても上手くいかない時、本当に悔しくて涙することは大人でもあると思います。 上手くなりたい思いが強ければ強いほどそうでしょう。 そういう上手くいかない時にどうするのかがとても重要です。 上手くいかないと言って途中で止めて投げ出すのか…...
ここ数年、野球界で大きなトピックとなっていることと言えば「フライボール革命」でしょう。 今さら人に「『フライボール革命』って何?」と聞きづらい方々が多いのではないかと思い、今回は「フライボール革命」についての基礎的な知識をお伝えしようと思います。...

野球と勉強の両立はとても大変です。 私自身、高校3年間は野球と勉強の両立には失敗しました。 受験で自分が願う大学には合格できず、1年間浪人生活を送った経験があります。 自分自身の経験はもちろん、多くの周りの人たちを観察する中で、野球と勉強の両立を図るために必要なたった1つのことに気が付きました。...
誰かが見ていても、見ていなくても、自分のすべきことを自分の最大限の力でやること。 これが自分の夢を叶える上で非常に大切なことです。 努力というモノは誰かに見せるモノではありません。 よく監督・コーチが見ている時は一生懸命練習し、見ていない時は手を抜く選手がいます。...

「塵も積もれば山となる」 一度は耳にしたことがあることわざではないかと思います。 塵のようにごくわずかなものも、積もり積もれば山のように大きくなるということから、小事をおろそかにしてはならないという戒めの言葉として使われています。(『故事ことわざ辞典』より)...
物事を客観的に捉えることは、どんな分野においてもとても大切なことです。 もちろん、野球においても客観的に捉えることでより野球というモノの理解を深めることができるようになります。 例えば、ある選手が「あのピッチャーのボールは速い」と言ったとしましょう。 しかし、また別の選手が「あのピッチャーのボールは遅い」と言ったとします。...

さらに表示する